« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月の3件の記事

2014年8月31日 (日)

黒帯会 2014.8.31

黒帯会お疲れ様でした。
今日は、「上達への稽古-和の武道 その定義と稽古の要点-」を配りました。
今の私の思いです。

<今日の稽古>
・剣の素振りと二ヶ条
・剣の間合、素手の間合
・体捌き2歩目の大事
・正面突き正面入り身投げ(一)
・正面突き小手返しのポイント
・正面突き正面入り身投げ(二)

体捌きを中心に稽古しました。次回もお楽しみに!

2014年8月18日 (月)

何を学ぶか

開放日、柔道場の半分を空手の団体に渡して稽古をしました。空手の方は小学生の型稽古でした。道着ではなくても気合も良く動きもビシバシとキレが良く、ハイレベルの動きでした。指導者付ききりです。おそらく型の演武の為の特訓かも知れません。
一方大人は(皆さん稽古着は着ていませんので親か指導者か分かりませんが)、女性は畳の上で両脚を前に投げ出して見ています。男性は胡座で片膝を立てて見ています。不思議な光景です。ここは道場です。
稽古が終わって指導者を含めた3人の大人の方がにこやかに挨拶に来られました。人的には良い方々だと思います。でも、この団体に取って道場とは何でしょう。子供達は空手を通じて何を学ぶのでしょう。技の上達だけが学びでしょうか…。

私は入門当初から稽古前にモップがけをずっとやって来ました。今も早く来たり、汚れていればやります。いつだったか、モップがけをしていましたら、江戸川KTさんの娘さんYちゃんが近づいて来て、変わりますと云ってくれました。上達してくれることは勿論ですが、その時はそれにも増して嬉しく思いました。

2014年8月12日 (火)

免状授与&究極の護身術

天気が荒れ狂っていますね。
8月10日(日)風が強いと思ったら、時折雨まで降り出しました。免状は無事持って帰れましたでしょうか。
この日少年部は「助けて稽古」をしました。
みんなで輪になって「助けてえー!」と大声で叫びます。大きな声で遠くまで聞こえたと思った人は、腕で大きく丸を出します。声が小さい時は×印です。みんな頑張りましたね。普段の挨拶、号令、気合、みんなお腹から声を出す稽古をしましょう。
究極の護身術は、危ない所へは行かないことです。危険を感じるのも合気道です。

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »