カテゴリー「今日の稽古(ちょっと一言大きなお世話)」の57件の記事

2020年7月 6日 (月)

再開初日

昨日は再開初日の稽古でした。感染100人超えにも関わらず参加の皆さんお疲れ様でした。自粛をされた皆さんも正しい選択だと思います。気にせずに引き続き自主稽古をお願いします。

稽古は案内通り準備運動から始まり(紹介した超ラジオ体操は割と気に入っています。やってみて下さい)、武術身体つくりの基礎稽古、合気道身体つくりの基本稽古、杖の基本と、相手と組まない単独での稽古でした。

やはり道場稽古は楽しいですね。身体も心もワクワク、スッキリです。

2019年1月 7日 (月)

2019 初稽古

初稽古お疲れ様でした。
皆さん爽やかでなによりです。
今年も基礎稽古・基本稽古を大切に身体作りを行なって行きましょう。

<今回のメニュー>
1.握り方。手を持つと云う事。
2.構えの稽古 そのポイント。
3.力の伝え方、伝わり方。(腕の力、それを捨てた力の違いを体感する)
力を伝えると云う事は腕力を捨てること。皆さんで体感しました。
今年も宜しくお願い致します。

2018年1月28日 (日)

黒帯会 2018.1.28

寒い中ご苦労様でした。
寒い日が続きますね。昔の江戸川道場は今のように空調がなく、子供達は地獄道場と呼んでいたようです(笑)
今日は意外と皆さん苦手意識があるニヶ条の締めと抑え。締めに対する受けの対応に時間をかけました。
ポイントは、仕手も受けも力(リキみ)を捨てることです。
次回もお楽しみに^_^

今日のメニュー
・あそび二つ (ねじねじ返し、イヤイヤ返し)
・片手持ちニヶ条抑えのポイント整理
・自由技
・応用技 片手持ち正面入り身投げのポイント。
以上

2018年1月 7日 (日)

初稽古

初稽古。
足立道場・江戸川道場の皆々様お疲れ様でした。
今日は初稽古に因んで、構えの稽古から始めました。
何故「構えの稽古」と云うのか、何故大事なのか分かりましたでしょうか。
今年一年、ケガなく元気で愉しく稽古しましょう。
宜しくお願い致します。

2017年12月25日 (月)

黒帯会 2017.12.24

12/24の黒帯会は力の伝え方を主に行いました。
キーワードはタダ斬り下ろすの「タダ」です。力がぶつかるのは自分に余分な力が働いているからで、相手のせいではないと云う事を確認しました。
<メニュー>
・基本六法
・腕の斬り下ろし各種
・片手持ち肘当て呼吸投げ 各種
・自由技

これにて年内の稽古は終了です。皆様お疲れ様でした^_^

2017年11月 1日 (水)

黒帯会 2017.10.29

台風の中での参加ご苦労様でした。
今年は季節ハズレの台風で影響大ですね。
さて、今回のテーマは「力み」と「速さ」でした。力みが伝わらない力となり、速さの勘違いが伝わらない力となる事を体験して貰いました。
おまけは、離脱法を使った相手の引き寄せでした。
次回も悩みながら楽しくやりましょう^_^

2017年3月 2日 (木)

黒帯会 2017.02.26

今回は「力の流れ」がテーマでした。

1.先ずは、力の確認体感です。二人組で相手の胸を手で押します。
  ①腕の力で押す。
  ②寄りかかる。
  ③腕の力を無くす。
  相手に伝わらなければ力ではありません。それを体感出来ました。

2.力の流れ。
  ①小手返しでの流れ。
  ②肘当てでの流れと引き付け。
  ③離脱法での引き付け。
  引き付けは力では無く「愛」です(笑)

2017年1月 8日 (日)

初稽古

足立道場の皆様、江戸川道場の皆様
初稽古お疲れ様でした。
昨日・今日と基本の基から始めました。とかく基礎や基本と云うものは味気無いものですが、基本から始まり基本に帰ります。飽きずに続けることでステージが変わりますので楽しみにして下さい。
2017年スタート!

本日のメニュー
・構え 正しい構えとチエック法、構えは強いぞ、力の流れ、踵の意味と使い方。
・基本の動き。
・基本六法そのポイント。
・正面打ちの意味とポイント。
・正面打ち一ヶ条抑え、肩の消し。

2016年10月27日 (木)

61回演武大会

遅まきながら『第61回全日本養神館合気道総合演武大会』が終了しました。
出演・応援の皆さんお疲れさまでした。
今回も無事終えることができました。これを糧にまた稽古に励みましょう。

61_6

61_4


2016年7月31日 (日)

黒帯会2016.07.31

黒帯会にN山さんが入会しました。今迄はずっと見取り稽古でしたが、今日から晴れて会員稽古です。頑張って下さい。息子Y介も久しぶりの参加でした。皆さん宜しくお願い致します。

〈稽古メニュー〉
1.基本で身体作り。
①腿上げ→冬の道産子歩き→剣術の歩き
②膝行
2.片手持ち一ヶ条投げ。一ヶ条抑え(ニ)(ポイント:臂力の養成)
3.両手持ち呼吸投げ三本。(ポイント:受けの力量で投げを変える)
4.応用技 小手返し。(ポイント:小手とは)
5.応用技 片手持ち正面入身投げ。(ポイント:受けの3パターン)